目的を達成できるかを基準で選ぶ

習い事を通じて道徳心も身につけたい

才能を伸ばしたいと言う気持ちや、早期に始めた方が良いと言う事から幼児期から習い事を詰め込んでしまう事もあるでしょう。

大切な幼児期だからこそ熱心になり過ぎてしまうものですが、学力や能力だけでなく心を育てるのも大事な時期だという事を忘れてはなりません。

命の危険が伴う場合は別として、指導方法が厳しすぎたり劣等感を感じるような環境は、子どもには適切ではなさそうです。
子どもの才能を伸ばすどころか、指示に従わないと怒られるなどの恐怖から指導者の価値観に合わせるしかなくなってしまいます。

習い事を通じて能力を伸ばしながら、家庭だけでは難しい道徳心を習い事を通じて身につけるのも習い事の意義と言えるのではないのでしょうか。

才能を自分のものにするには粘り強さも必要

せっかく才能があっても、さらに伸ばしていくには粘り強さがないと伸び悩んだり、後からスタートして努力した人に追い越されてしまう事もあります。

幼児期に失敗したり成功したりを繰り返す経験をすることは将来に万が一挫折した時にも力になるはずです。
得意なものは最初は伸びやすいのですが、ある程度まで上達すると伸び悩んだりするかもしれません。

そうなってしまった時に、例えば伸び悩んだりわからなくなった時は、基礎に戻ってもう一度やり直してみるなど自分なりの解決方法を知っていればスランプから抜け出せるでしょう。

才能を伸ばしていくには壁に当たる事も当然あるかと思います。
習い事をするなら技術や能力を磨きながらメンタル面も鍛えられるところが良いですね。


Shear!

B!