子どもの才能を伸ばす習い事の選び方

得意そうな事にどんどんチャレンジできる

幼稚園や保育園の入学など、集団生活がはじまったり同じ年齢の子ども達と触れ合う機会があると、良い意味でも悪い意味でも周りと比べる事があるかと思います。

自分の子どもが、これはもしかしたら他の子よりも得意な分野なのかもしれないと気がつくときもあれば、周りの人から凄いねと言われる事もあります。

得意な事は才能の芽である可能性は高いですし、塾などの習い事で専門的に触れ合う機会を設けて、どんどん磨いてあげたいなと感じるのは親心ですよね。

幼児期や小学校の低学年の間は、運動にしても芸術にしても勉強にしてもしっかりと基礎を身につけておきたいものです。
この段階で基礎を飛ばしてしまうと後に伸び悩んでしまう事もあるそうです。

興味がありそうな事にチャレンジできる

お友達が習っている、兄弟が先に習っている、たまたま見かけただけなのにものすごく興味を示したものなど、周りが特にすすめたり積極的に声をかけなくても、子どもは自分が何となく興味を惹かれる物に出合う事があります。

芽生えた好奇心の芽は、その子の才能の芽になる事もあるかもしれません。

才能を引き出したいという親の気持ちが強すぎて、色々な物を与えてもなかなか思うような反応が得られない場合もあるでしょう。
やらせようとするよりも、子ども自ら興味を持ったこと方が楽しんで参加することができますね。

楽しいと言う感覚は子どもの才能を伸ばすのにとても大切です。
興味がある内容であると同時に、授業内容の雰囲気が子どもに合うと、どんどんチャレンジしてみたいという気持ちになるものです。
モチベーション維持も重要ですね。


Shear!

B!